総社市議会で行われた決議について

現在位置 トップページ > 総社市議会で行われた決議について

きびじつるの里の在り方を考える決議(平成27年8月議会)

 サンロード吉備路に併設するきびじつるの里について、「本市に真に必要な施設なのかどうか、健全な財政を運営するためにも、タンチョウの移転も含め早急に関係機関と協議調整し、きびじつるの里の在り方を見直すことを求める」として議員6人の連名で提案された「きびじつるの里の在り方を考える決議」は、起立採決の結果、可決されました。
 
決議の内容は,下の「きびじつるの里の在り方を考える決議」をクリックして御覧ください。
 PDFきびじつるの里の在り方を考える決議(44KB)



片岡聡一総社市長の政治手法を改めることを求める決議(平成27年3月議会)

 平成26年度一般会計補正予算に計上されたプレミアム付き商品券を始め、「近年の市長は、報道機関を使っていち早く市民に内容を公表し、さも可決されるのが当然の如き手法で施策を推進している」として議員5人の連名で提案された「片岡聡一総社市長の政治手法を改めることを求める決議」は、全会一致で可決されました。
 これに対して市長は閉会のあいさつで、「今後は改めるよう心がける。反省し、お詫びする」と述べました。
 
決議の内容は,下の「片岡聡一総社市長の政治手法を改めることを求める決議」をクリックして御覧ください。
 PDF片岡聡一総社市長の政治手法を改めることを求める決議(40KB)


(仮称)総社市美術博物館建設の早期実現を求める決議(平成25年6月議会)

 「当局は、地域の歴史と伝統を敬い、今を生き、そして未来に生きる市民に対する教育的投資として、本市の特性、地域性を明らかにし、本市にとって必要な、本市のための博物館施設を造るべきと考える。よって本市の特性を考慮した『(仮称)総社市美術博物館』を早期に設立すべきと思量し、その実現のために市内外の英知を集めて具体的な建設計画を策定することを求めようとするものである」として総務文教委員長から提案された「(仮称)総社市美術博物館建設の早期実現を求める決議」は、全会一致で可決されました。
 
決議の内容は,下の「(仮称)総社市美術博物館建設の早期実現を求める決議」をクリックして御覧ください。
 PDF(仮称)総社市美術博物館建設の早期実現を求める決議(53KB)




※PDF形式となっているため、表示するには Adobe Acrobat Reader が必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。