議会基本条例(案)に対するパブリックコメントを実施

現在位置 トップページ > パブリックコメント


議会条例案に係るパブリックコメントの実施結果

 市議会では、さらに開かれた議会となるために、市民参加や、議会と議員の責務、議会運営の基本的事項などを規定する『総社市議会基本条例』を定めることにしました。

 この条例案に対し、市民の皆さんのご意見をいただく『パブリックコメント』を募集したところ、次のようなご意見をいただきました。
 その内容とご意見に対する市議会の考え方を次のようにまとめました。


 pdf画像議会基本条例案に係るパブリックコメントの実施結果(104KB)


 pdf画像総社市議会基本条例(案) (131KB)

分権が進む地方自治に

議会の役割と責任を明確化

 議会と市長の二元代表制の下、議会は合議制の議事機関として、市長は執行機関として、それぞれの権限を用いて市民の意思を市政に反映させる役割と責任を担っています。議会には、市民の代表者の集まりとして市政を監視、評価して、市民福祉の向上や地方自治の真の目的が果たせるようにする責任があります。
 近年、地方分権が進み、地方自治体の権限も拡大して、自らの責任で決定する事務も増えています。こうした時、議会が果たす役割や責任はますます大きくなっています。このため、議会は、これまで以上に市政のチェック機能を強化し、政策提言や政策立案をさらに積極的に行うために、市民参加の拡充に努めることや、議員研修を強化し広く各分野から専門的知識を取り入れることも明文化しています。

 そして、分かりやすい議会や委員会活動、運営とするための方策を明らかにし、議員の政治倫理や身分についても規定しています。


市民の負託に応える

市議会の最高規範として

 市議会では、この条例を議会の最高規範として、全力を挙げて市民の皆さんの負託に応えることをめざしています。


※パブリックコメントとは?
 基本的な政策等の決定に当たり、その趣旨や目的、内容を決定前に公表し、市民から意見や提案を求めて、それらに対する実施機関の考え方を公表。また、有益な意見等を考慮して最終的な意思決定を行う一連の手続のことです